文部科学省は26日、全国にある私立専門学校について、留学生が90%以上を占める学校が101校あり、うち45校は全員が留学生だったとの調査結果を発表した。留学生を主な対象とする学校もあるが、90%以上の学校については実態把握のため、都道府県に対して、5月に教育内容や卒業後の進路、中退者数などの情報提供を求める。

 定員超過を指摘された大阪市の専門学校で多数の留学生が退学になった問題を受け、専門学校を所管する都道府県に1~2月、留学生の受け入れ状況を尋ねた。全国2610校のうち、留学生を受け入れているのは871校あった。