26日から連休初日の27日をピークに北日本、東日本の上空に強い寒気が流れ込む見通しで、気象庁は25日、警戒を呼び掛けた。北日本(北海道・東北)や北陸、関東北部や甲信の山や山沿いで雪が降ったり積もったりする地域がありそうだ。

 気象庁によると、高度1500メートル付近の気温は北日本で氷点下6度以下、東日本で氷点下3度以下となる見込み。旅行先で思わぬ積雪に見舞われたり、低温や降雪で登山者が遭難したりする恐れがあるという。