鹿沼市藤江町のゴルフ場「鹿沼カントリー倶楽部(くらぶ)」(福島範治(ふくしまのりはる)代表)は24日までに、経済産業省が設ける「おもてなし規格認証2019」で、独自の創意工夫を凝らしたサービスを提供していることを示す「紺認証」を取得した。最高ランクの紫に次ぐ評価で、ゴルフ場業界では全国初という。

 おもてなし規格認証は、サービス品質を「見える化」することで、サービス産業や地域経済の発展につなげようと、2016年に創設された。条件が当てはまればウェブ上で登録できる紅(べに)から、外部審査を要する金、紺、紫まで四つのランクがある。