県県土整備部は24日までに、栃木市の県道大橋家中線家中工区(540メートル)のバイパス整備が完了し、5月24日午後2時に供用を開始すると発表した。

 同部によると、現道の東武日光線と交差する踏切付近は幅員6メートルと狭く、歩道がないため、自転車と歩行者の安全な通行や、車両の円滑な通行に支障が出ていたという。