改選に伴う県議会の正副議長選に向け、最大会派のとちぎ自民党議員会から議長に早川尚秀(はやかわなおひで)氏(46)=足利市選挙区、5期、副議長に金子裕(かねこゆたか)氏(56)=佐野市選挙区、4期=が立候補する方針であることが24日、同党関係者への取材で分かった。正副議長選は5月21日の県議会招集会議で行われる。

 同会はこの日、議員総会を開き、正副議長候補の選考ルールを決定。議長は4期以上で推薦人5人以上、副議長は3期以上で推薦人3人以上とした。立候補の届け出は7日正午で締め切る。現時点で、同会では他に立候補の動きはない。