作品「雀の学校」を寄贈した小村さん

作品「雀の学校」を寄贈した小村さん

作品「雀の学校」を寄贈した小村さん 作品「雀の学校」を寄贈した小村さん

 【真岡】仲良くいじめのない学校生活を送り、平和への思いを育んでもらおうと、市内のバードカービング愛好会「木彫りの部屋」代表の小村正(こむらただし)さん(82)=並木町4丁目=が24日、母校の真岡小を訪れ、会のメンバーと制作した精巧なスズメ35羽を用いた作品「雀(すずめ)の学校」を寄贈した。小学3年の時に終戦を迎えたという小村さんは「子どもたちが幸せに育ち、さらに平和な社会をつくってほしい」と願いを込めた。

 小村さんは「木彫りの部屋」を自宅で主宰しており、メンバーと市販の角材を彫刻刀で彫って色を塗り野鳥などを造形している。今月中旬に下籠谷(しもこもりや)の井頭公園緑の相談所で会の作品展を開き、連日600~700人が来場した。

 小村さんは、この際に出品したスズメを活用して母校に贈ろうと発案。知人を介して学校側に打診したところ、快諾を得た。