ゴンザガ大の八村塁(ゲッティ=共同)

 【アナハイム共同】米プロバスケットボールNBAは23日、大学卒業を待たずにドラフト対象選手となる「アーリーエントリー」制度の申請選手を発表し、全米大学体育協会(NCAA)1部男子でゴンザガ大3年の八村塁ら233選手が名を連ねた。

 八村は米メディアで上位指名の候補に挙げられており、6月20日にニューヨークで行われるドラフト会議で指名されてNBA入りすれば日本人初の快挙となる。デューク大1年の有望選手で筆頭指名候補に挙げられているザイオン・ウィリアムソンもリスト入りした。