大邱―広島 前半、先制ゴールを決め、喜ぶ広島・荒木=大邱(共同)

 【大邱(韓国)共同】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は23日、各地で1次リーグ第4戦が行われ、F組の広島はアウェーで大邱(韓国)に1―0で競り勝ち、勝ち点9で首位に立った。H組の川崎はホームで蔚山(韓国)と2―2で引き分けた。

 広島は前半に荒木のヘディングで奪った1点を守り切った。川崎は終盤に追い付いて、勝ち点を4とした。

 24日にはE組の鹿島―慶南(韓国)、G組の全北(韓国)―浦和が行われる。