女子200メートル自由形 力強い泳ぎでゴールを目指す松野(西那須インター)=県立温水プール館

 2019年度県春季水泳競技大会は7日、県立温水プール館で行われ、選手たちが日頃の練習の成果を競った。

 小学3年から高校3年までが出場し、学童の部と中学/一般の部に分かれて熱戦を展開。男女別に10種目が行われた学童の部では、松野梓(まつのあずさ)(西那須インター)が自由形の50メートルと200メートル、平泳ぎ50メートルで優勝し3冠に輝いた。

 このほか新井友惟(あらいゆい)(アンタレスSS)が女子背泳ぎ2種目で優勝。磯(いそ)陽向(ひなた)(黒磯インター)が女子個人メドレー200メートル、落合由征(おちあいゆいと)(SGC・佐野)が男子50メートル平泳ぎをそれぞれ制した。