鹿沼市は22日までに、県内では初めてとなる「市パートナーシップ宣誓制度」の導入を決めた。同性パートナーシップの宣誓受け付け、宣誓証明書発行を行い、同性カップルであっても一定の条件を満たすことで、市営住宅などへの申し込みで婚姻と同等の取り扱いとなる。同日の定例記者会見で佐藤信(さとうしん)市長は「6月から運用の予定。性的マイノリティーの方々に対する理解を深め、さまざまな施策に反映させていきたい」と説明した。

 すべての市民の人権が尊重され、明るい社会と多様性を認め合うことのできる優しいまちの実現を目指すのが狙い。同市は「市パートナーシップの宣誓の取り扱いに関する要綱」を策定する。宣誓の要件は(1)成年(2)市に居住、転入予定(3)他の人とパートナーシップを形成していないこと-など。