落選が決まり、支持者に頭を下げる角田氏(左)=21日午後11時半、小山市高椅の選挙事務所

 セクハラ問題などを巡り、小山市議会で計15回辞職勧告決議を受けた無所属現職の角田良博(つのだよしひろ)氏(69)は落選した。21日夜、小山市高椅(たかはし)の選挙事務所に落選が伝わると、「まさか」「思ったより票が伸びなかった」という声とともに、集まった支持者からため息が漏れた。8期目を逃した角田氏は「セクハラ問題の逆風が致命傷になった」と敗因を分析。「全ては私の不徳の致すところ。責任は私にある」と敗戦の弁を述べた。

 角田氏は副議長だった2015年、同市女性職員にセクハラ行為をしたとして損害賠償請求訴訟を起こされた。角田氏は真っ向から否定したが、昨年9月に敗訴が確定。市議会は4年間で計15回の辞職勧告を行ったが、角田氏は最後まで応じなかった。