ボクシングのアジア選手権は21日、バンコクで行われ、男子はフライ級の柏崎刀翔(福井県スポーツ協会)、ウエルター級の岡沢セオン(鹿児島県スポーツ協会)がともにアフガニスタン選手を下し、準々決勝に進んだ。ライト級の森坂嵐(東農大)はトルクメニスタン選手に敗れた。

 女子はフライ級の昼田瑞希(自衛隊)、ライト級の柳井妃奈実(近大)がいずれも1回戦で敗退した。(共同)