統一地方選後半戦の那須塩原市長選、芳賀町長選と9市町議選は21日、投開票が行われる。5市議選は定数136に対し157人が立候補し、12年ぶりの選挙戦となった茂木など4町議選は定数54に対して64人が立候補している。

 君島寛(きみじまひろし)市長の死去に伴う那須塩原市長選はいずれも無所属新人で、同市議会前議長の君島一郎(きみしまいちろう)氏(63)と、前参院議員の渡辺美知太郎(わたなべみちたろう)氏(36)が一騎打ちを展開する。

 芳賀町長選は、いずれも無所属で、再選を目指す現職の見目匡(けんもくただし)氏(67)と新人で前町議の警備会社社長水沼孝夫(みずぬまたかお)氏(57)が激しい選挙戦を繰り広げている。

 市議選は5市で行われている。宇都宮は57人が立候補し、定数45を12人オーバーする県内最激戦。足利は定数24に対し26人が立候補している。定数30の小山は33人が、定数21の真岡は23人が立候補。矢板は定数16に対し18人が立候補している。

 4町議選は、市貝は定数12に14人が、芳賀は定数14に15人が立候補。定数14の茂木は15人が立候補している。野木は定数14に対して20人が立候補する激戦だ。

 一方、君島氏の市長選出馬に伴う欠員1の那須塩原市議補選には、3人が立候補している。