「ファイティングビアガーデン」の県南初開催に向け、意欲を燃やす実行委員会のメンバー

 【栃木】屋外でプロレスなどを観戦しながら飲食を楽しむ「ファイティングビアガーデン」が21日正午から午後8時まで、室町の栃木警察署跡地で開かれる。にぎわいづくりが狙いで、県南地区の開催は初。全世代に楽しんでもらおうと、コンサートやダンスショーなど多彩なイベントも企画した。入場は無料で、雨天でも開催する。

 市内の経営者らを中心に約20人で組織した実行委員会が主催する。宇都宮市の中心市街地で毎年開催され好評を博していることから、県南地区の活性化を目指して企画した。運営費は企業、個人の協賛金で賄う。

 このイベントに“参戦”するのは、いじめ撲滅活動に取り組んでいるプロレス団体「ZERO1」。「日本一熱いプロレスラー」と呼ばれる大谷晋二郎(おおたにしんじろう)選手らが出場し、何度でも立ち上がる姿を通じて、「諦めない気持ち」を観戦者に訴えかける。