統一地方選の後半戦となる県内10市町議選で、立候補者数に占める女性の割合は16・4%にとどまることが、18日までの下野新聞社のまとめで分かった。女性の政治参加を促す「政治分野の男女共同参画推進法」が成立して初の統一地方選だが、前半戦の県議選での女性の割合(12・5%)と同様、同法が求める「均等」の実現にはほど遠い状況が浮き彫りとなった。

 10市町議選の立候補者は、前回より3人少ない計237人。女性は39人で、前回の36人(15%)からわずかに増えた。市議選では19・7%と全国平均の17・3%を上回ったものの、町議選は10%と低い結果に。女性の割合が最も高かったのは足利市で23%、次いで真岡市21・7%だった。

  県内10市町議選の立候補者数内訳   ※カッコ内は前回選挙時    
     定数  立候補者数   うち女性   うち新人
宇都宮  45  57(57)  10(9)  24(19)
足 利  24  26(28)   6(6)   3(6)
小 山  30  33(32)   7(6)   6(6)
真 岡  21  23(25)   5(4)   3(7)
矢 板  16  18(20)   3(4)   4(4)
市合計 136 157(162) 31(29) 40(42)
益 子  16  16(17)   3(3)   5(7)
茂 木  14  15(14)   1(1)   2(3)
市 貝  12  14(13)   1(1)   4(2)
芳 賀  14  15(16)   1(1)   4(4)
野 木  14  20(18)   2(1)   7(9)
町合計  70  80(78)   8(7)  22(25)
市町合計 206 237(240) 39(36) 62(67)