素材からこだわった高級食パン「狙いうち」が並ぶ店内

 【佐野】吉水町の道の駅どまんなかたぬま内に18日オープンするベーカリー「うまい食パン」の報道向け内覧会が17日、同所で開かれた。

 ベーカリーは、高級食パンを目玉にした店。これまで多くの高級食パン店を手掛けてきたジャパンベーカリーマーケティング(本社・横浜市)の岸本拓也(きしもとたくや)社長(43)がプロデュースを担当した。

 18日には“どまんなか”にちなんで「狙いうち」とネーミングした食パンを販売する。耳が薄くふんわりとした食感と甘い風味が売りで、九州から小麦粉を仕入れるなど原材料からこだわった。