初めて行われたアニマルアートの授業

 【宇都宮】文星芸術大は本年度、動物をモチーフにしたキャラクター創作に取り組む科目「アニマルアート」を開設し16日、1回目の授業を開いた。

 アニマルアートは、生態学を学ぶなど動物を多角的に捉え、キャラクターを生み出す美術。同大によると、本格的に学べる大学は国内唯一という。動物キャラクターは地域のゆるキャラなど幅広く活用されているため、「クールジャパン」を担う人材育成につなげる。