LRT反対を掲げる候補の街頭演説=15日午後5時10分、宇都宮市内(画像は一部加工しています)

 定数45に57人が立候補した宇都宮市議選は12人オーバーの激戦となっている。前回選挙の争点となった次世代型路面電車(LRT)事業はJR宇都宮駅東側の整備が進み、本年度は駅西側の終点も本格的な検討が始まる。大型商業施設の撤退もあり、中心市街地方面への早期導入を待望する声がある一方、新人を中心に事業への反対・慎重意見を主張する候補もいる。