9回、栃木GBの西岡が中前打でチャンスを広げる=栃木市営球場

5回、三遊間に鋭い打球を放ってチャンスをつくる栃木GBの飯原=栃木市営球場

9回、栃木GBの西岡が中前打でチャンスを広げる=栃木市営球場 5回、三遊間に鋭い打球を放ってチャンスをつくる栃木GBの飯原=栃木市営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は14日、栃木市営球場で武蔵と対戦し、1-2で競り負けた。通算成績は4勝2敗。

 栃木GBは初回、先発の比嘉大智(ひがだいち)が先頭打者を四球で歩かせると、味方の失策も絡んで1死一、三塁とされ犠飛で先制点を献上。比嘉は二回にもソロ本塁打を浴びた。

 打線は四回、連打で2死一、二塁としたが後続が凡退。九回は西岡剛(にしおかつよし)の中前打などで2死満塁と攻め立て、飯原誉士(いいはらやすし)の中前適時打で1点を返したが、反撃もそこまでだった。

 次戦は19日午後5時から、埼玉県上尾市民球場で武蔵と対戦する。