オモイガワザクラが咲く堤防を走るランナー

 【小山】市などが主催する第11回おやま思川ざくらマラソン大会が14日、外城(とじょう)の小山総合公園を発着点に行われ、2542人のランナーがオモイガワザクラの咲き誇る春真っ盛りの思川沿いを駆け抜けた。

 5キロコースには1126人が、渡良瀬遊水地の谷中湖までを往復するフルマラソンには1416人がエントリーした。完走したのは両方合わせて2083人。ゲストランナーにはロサンゼルス五輪ランナーの増田明美(ますだあけみ)さんが、市と交流関係のある台湾・高雄市のランナー4人も出場した。