3回、白鴎大の金子が中前適時打を放つ=群馬県太田市運動公園野球場

 関甲新学生野球春季1部リーグ第2節は13日、群馬県太田市運動公園野球場で1回戦2試合を行い、白鴎大は新潟医療福祉大に5-2で快勝。作新大は平成国際大に1-2で逆転負けした。

 白鴎大は初回、1死一、三塁から主砲大下誠一郎(おおしたせいいちろう)(白鴎足利)の左犠飛などで2点を先制し、二回も敵失と大下の内野ゴロで2点を奪取。五回は金子莉久(かねこりく)(国学栃木)の中前適時打で1点追加した。投げては先発の山田啓太(やまだけいた)(神・東海大相模)が三回に2点本塁打を浴びたが、その後は追加点を与えなかった。

 作新大は初回1死一、二塁で4番の北間康平(きたまこうへい)(足利南)の中前適時打で先制したが、二回に同点に追い付かれた。1-1で迎えた九回、先発の入江空(いりえそら)(宇工)が1死満塁のピンチから押し出し死球を与え、サヨナラ負けを喫した。 2回戦は14日に同会場で行われ、作新大は午前10時から平成国際大、白鴎大は午後0時半から新潟医療福祉大と戦う。