体形などの美しさを競った「美牛コンテスト」

 【那須塩原】本州一の生産量を誇る市内の酪農に親しんでもらおうと「青木農業祭2019」が13日、青木サッカー場で開かれ、大勢の家族連れでにぎわった。

 市内でも特に酪農が盛んな青木地区に毎年約5千人が訪れる恒例行事。併せて実施された「美牛コンテスト」として知られる「第45回青木ホルスタイン共進会」には、月齢や経産などで区分した7部門に約60頭の乳牛が出場。毛刈りなどで容姿を整え、骨格などの美しさを競った。