県高校野球連盟は10日、県総合教育センターで第1回部長会議を開き、今夏の全国選手権栃木大会(7月12~28日)で県営球場を使用する方針を決めた。同球場は県総合スポーツゾーン整備の一環で改修工事を行っており、7月の供用開始後初の使用となる見通し。

 同大会で県営球場を使うのは2年ぶりで、ほかに清原と栃木市営を含めた計3球場で行う。開会式会場は未定。今月20日に開幕する春季県大会は、清原と栃木市営の2球場のみで開催する。