11日午前11時10分ごろ、JR宇都宮線栗橋-東鷲宮駅間で、線路内に人が倒れていたため、東京-宇都宮駅間の上下線で一時運転を見合わせた。

 JR東日本によると、正午に運転を再開した。この影響で上下4本が区間運休、上下8本が最大50分遅れ、約2100人に影響した。