5回、一、二塁間に飛び出した相手走者を栃木GBの遊撃手・内山(左)がタッチしアウト=小山運動公園野球場

6回2失点と力投した栃木GB先発の斎藤=小山運動公園野球場

7回、栃木GBの谷津が中前適時打を放つ=小山運動公園野球場

5回、一、二塁間に飛び出した相手走者を栃木GBの遊撃手・内山(左)がタッチしアウト=小山運動公園野球場 6回2失点と力投した栃木GB先発の斎藤=小山運動公園野球場 7回、栃木GBの谷津が中前適時打を放つ=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は9日、小山運動公園野球場で信濃に4-3で競り勝ち、開幕からの連勝記録を3に伸ばした。

 栃木GBは1点を追う三回、2死三塁から相手投手の暴投で3走の野崎新矢(のざきしんや)が生還し同点。五回は2死一、三塁から3番谷津鷹明(やつたかあき)の中前適時打をで勝ち越した。2-2の同点に追い付かれて迎えた六回は2死二塁から8番秋庭蓮(あきばれん)の左中間を破る適時二塁打で再びリード。七回には谷津の中前適時打で1点追加した。

 守っては先発の左腕斎藤誠哉(さいとうせいや)が粘り強い投球で6回を6安打2失点と好投。その後は3人の継投で1失点に食い止めた。

 次戦は12日午後1時から、群馬県高崎市の城南野球場で群馬との2回戦を行う。