1.5キロにわたって続く桜並木

 【大田原】上石上の野崎第2工業団地で、約240本のソメイヨシノの桜並木が満開となり、約1・5キロメートルにわたって続く壮観な「桜のトンネル」を見ようと大勢の人が訪れている。

 桜並木は国道4号の西側にある同工業団地の整備に合わせて、約30年前に植樹された。9日は時折小雨がぱらつくなど不安定な天候となったが、家族連れや写真愛好家らが訪れシャッターチャンスを待っていた。

 第6回のざき桜まつりの一環として、15日まで一部で夜間ライトアップも行われている。主催する野崎地区活性化協議会事務局の石塚堯(いしづかたかし)さん(73)は「雪をかぶった那須の山々を背に咲き誇る桜は美しい。今週いっぱいは楽しめる。車の往来もあるので、安全に注意しながら見物してほしい」と話した。