開花したオモイガワザクラの標本木

 【小山】思川左岸の観晃橋付近にある市花オモイガワザクラの標本木が花を付けたとして市は7日、開花を宣言した。満開は14日ごろと見込まれる。

 標本木は女優の紺野美沙子(こんのみさこ)さんが2014年に植樹した。市はそれ以降観測を続けており、開花は昨年より8日遅く平年より3日遅い。開花宣言は気象庁に倣い、標本木に5輪以上の花が咲いたのを市職員が目視で確認している。

 オモイガワザクラは10片の花びらを持つ市原産の桜。ソメイヨシノと八重桜の中間ごろに開花する。思川堤防や公共施設などで盛んに植樹されており、市内では約3千本が確認されている。