エイ、エイ、オーと声を合わせて拳を挙げる児童

大久保市長が児童を前に開校宣言した開校式

大久保市長が開校宣言した開校式

真新しい校旗を受け取り会場に一礼する青木校長

エイ、エイ、オーと声を合わせて拳を挙げる児童 大久保市長が児童を前に開校宣言した開校式 大久保市長が開校宣言した開校式 真新しい校旗を受け取り会場に一礼する青木校長

 【小山】児童数増加に伴う学区再編で東城南3丁目に新設された「東城南小」の開校式が8日、同校で行われた。全校児童数は598人。市は英語教育と情報通信技術(ICT)教育の先進的モデル校として位置付け「全国トップレベルの英語教育とICT教育を目指す」としている。児童数増加に伴う小学校の新設は若木小と間々田東小以来、35年ぶり。県内では24年ぶり。

 開校式には2~6年生の児童と県議や市議ら来賓が出席。大久保寿夫(おおくぼとしお)市長による開校宣言の後、真新しい校旗が酒井一行(さかいかずゆき)教育長から青木清治(あおききよはる)初代校長に手渡された。

 続いて始業式が行われ、青木校長が「みんなで新しい東城南小を創っていきましょう」と呼び掛け、児童が声を合わせ「エイ、エイ、オー」と拳を挙げた。