水しぶきをあげてダム湖に入る、ダックツアーの水陸両用バス=2018年4月

 【日光】ダムが人気を集める中、水陸両用バスを使った湯西川ダムの「ダックツアー」が今期は、川治ダムでも行われる。2カ所のダムで実施するのは初めて。川治ダムの施設見学では地上60メートル、幅1メートルのダムの壁沿いの通路を歩く「キャットウォーク」を楽しめ、人気を集めそうだ。運行は12日~12月1日。

 ダックツアーは湯西川ダムの建設の際、観光振興を目的に導入された。当初は湯西川ダムが工事中だったため、川治ダムで2006年の試験運行を経て翌年からスタート。13年7月から、湯西川ダムで実施されている。

 ダックツアーは水陸両用バスでダム湖を巡るほか、ダム施設も見学する。川治ダムは観光客から人気の高いキャットウォークが体験できることなどから、再び実施することが決まった。水陸両用バスを2台に増やして対応する。