統一地方選の前半戦となる県議選(定数50)の開票作業が7日午後8時10分から、栃木市選挙区を先頭に始まった。県議選は無投票で当選が決まった6選挙区11議席を除いた39議席を巡り、10選挙区の53人が争った。深夜にも大勢が判明する見通し。

 ◇県議選の開票速報

 県内の先頭を切って、午後8時10分から開票作業が始まった栃木市選挙区の投票率は45.81%だった。

 選挙戦となったのは、宇都宮市・上三川町、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市・野木町、真岡市、矢板市、那須塩原市・那須町、さくら市・塩谷郡の10選挙区。