9回、栃木GBの西岡が右翼線に3点適時三塁打を放つ=茨城県ひたちなか市民球場

1回、浅い右飛で栃木GBの二走・西岡が三塁へタッチアップ=ひたちなか市民球場

8回、栃木GBの西岡の3点適時三塁打で生還した選手が寺内監督(中央)とハイタッチ=茨城県ひたちなか市民球場

8回、栃木GBの西岡の3点適時三塁打で生還した選手が寺内監督(中央)とハイタッチ=茨城県ひたちなか市民球場

9回、栃木GBの西岡が右翼線に3点適時三塁打を放つ=茨城県ひたちなか市民球場 1回、浅い右飛で栃木GBの二走・西岡が三塁へタッチアップ=ひたちなか市民球場 8回、栃木GBの西岡の3点適時三塁打で生還した選手が寺内監督(中央)とハイタッチ=茨城県ひたちなか市民球場 8回、栃木GBの西岡の3点適時三塁打で生還した選手が寺内監督(中央)とハイタッチ=茨城県ひたちなか市民球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグは6日に開幕、各地で5試合を行った。参入3年目の栃木ゴールデンブレーブス(GB)は茨城県のひたちなか市民球場で新規参入の茨城と対戦し、8-0で大勝。2年ぶりの開幕戦白星スタートとなった。

 栃木GBは初回、「1番・指名打者」で出場した前阪神の西岡剛(にしおかつよし)がいきなり右翼線二塁打を放つと、青木玲磨(あおきれいま)の右飛で三進し、相手の失策の間に生還。八回は無死二、三塁で青木が中前に落ちる2点適時打を放つなどして追加点を奪取。4点リードで迎えた九回は無死満塁から西岡が右翼線に3点適時三塁打を放つなどして突き放した。栃木GBでの公式戦デビューとなった西岡は3安打3打点と活躍した。

 守っては先発の比嘉大智(ひがだいち)、2番手の秋山陸(あきやまりく)(国学栃木高出)がともに3回を無失点と好投。その後も今季から加入した北方悠誠(きたがたゆうじょう)ら小刻みな継投で相手の攻撃を2安打に抑えた。

 ホーム開幕戦となる次戦は7日午後1時から、小山運動公園野球場で群馬と対戦する。