入学式を終え、笑顔で記念撮影に臨む新入生たち=5日午前10時40分、足利市有楽町

 県内の多くの県立学校で5日、入学式が行われ、真新しい制服に身を包んだ新入生たちは新たな学生生活の第一歩を踏み出した。

 Web写真館に別カットの写真

 創立110周年を迎え、2022年度に足利高と統合する足利女子高では、新入生200人が登校。昇降口でクラスを確認した後、晴れやかな表情で式に臨んだ。渡辺佐知夫(わたなべさちお)校長(56)は式辞に立ち「本校の伝統を受け継ぎ、一人一人の志を実現させるために全力で学校生活に取り組んでください」などと述べた。

 新入生代表の井上美咲(いのうえみさき)さん(15)は「足利女子高生として入学、卒業する最後の学年。誇りを胸に、3年間仲間と励まし合って精いっぱい努力する」と誓った。

 この日は全日制高校58校、定時制・通信制7校、特別支援学校1校、中学校3校で入学式が行われた。