宇都宮高入学式

 桜前線がゆっくりと県内を北上し、春本番を告げている。ソメイヨシノの開花は、宇都宮市で先月28日。平年より4日早く、昨年より2日遅い。

Web写真館に別カットの写真

 ソメイヨシノはエドヒガンとオオシマザクラの交雑により生まれたという。森林総合研究所多摩森林科学園、勝木俊雄(かちきとしお)チーム長(桜担当)は「『染井吉野』はもともと1本の木からスタートし、接ぎ木で増やしていったクローン。同じ場所にある木が同じタイミングで一斉に咲くのはそのため」と説明する。

 4日、県立高校として一足早く入学式が行われた宇都宮市鶴田町の宇都宮高校。新1年生を歓迎するかのように、正門の桜が出迎えた。