改元を悪用した詐欺への警戒を呼び掛ける県警のルリちゃん安全メール

 全国で改元や新元号を名目にした特殊詐欺や消費者トラブルが相次いでいる。県警などによると、県内で3日夕方までに、詐欺被害やトラブルの相談は確認されていないが、関係機関は「県内でも同様の被害などが、いつ発生してもおかしくない」と警戒を強めている。県警は既にメールで注意を呼び掛けたほか、栃木銀行は同日、チラシを作るなどして注意喚起することを決めた。

 県警などによると、埼玉県や宮城県などで詐欺被害が確認されている。「改元による銀行法の改正に伴い、キャッシュカードを変更する必要がある」との書類を送ったり、「改元後にキャッシュカードが使えなくなる」などと電話をかけたりして、口座情報やキャッシュカードをだまし取る手口があるという。