出発式できゅーびー号レッドLineを見送る関係者たち

きゅーびー号のイエロー、レッド両Lineのルートを案内するチラシ

出発式できゅーびー号レッドLineを見送る関係者たち きゅーびー号のイエロー、レッド両Lineのルートを案内するチラシ

 【那須】町観光協会が運営し、那須高原の観光地などを周遊するバス「きゅーびー号レッドLine」の運行が1日、始まった。昨年まで期間限定で運行していたバスに比べ、運行期間と範囲を拡大。また、通年運行している既存の周遊バスを「きゅーびー号イエローLine」と名付け、レッドLineと乗車券や一部の停留所を共通化した。利便性の向上を図るとともに公共交通機関の空白地を減らし、車を持たない観光客らの誘客を目指す。

 レッドLineは、1日3便運行。午前9時10分に高久丙のホテルエピナール那須、11時25分と午後3時半に道の駅那須高原友愛の森を出発する。那須高原西側の高久乙の那須ハイランドパークのほか、湯本の南ケ丘牧場や高久丙の那須平成の森などを経由し、3便とも約1時間半で同道の駅に着く。運行は11月30日まで。

 (問)同協会0287・76・2619。