J2第7節の栃木SCは3日午後7時から、福岡市の東平尾公園博多の森陸上競技場で22位の福岡と対戦する。前節は3試合ぶりの無得点に終わっただけに、敵地で勝ち点3を積み上げたい。

 栃木SCはここ3試合負けなしで、通算2勝2分け2敗、勝ち点8の12位。前節の山形戦は今季初先発のMFヘニキが中盤で奮闘。最終ラインも集中力を切らさず、2試合連続無失点で勝ち点1を積み上げた。一方、FW大黒将志(おおぐろまさし)が終盤に今季初めて途中交代。中3日での連戦でベテラン勢をはじめ選手の疲労が心配される。

 対する福岡は1勝1分け4敗で最下位。ファビオ・ペッキア監督が今季から指揮し、前線からプレスを掛ける攻撃的なサッカーが特徴で、出場3戦2得点の新戦力FWヤン・ドンヒョンが攻撃の要となる。ホーム初白星に向けて激しい戦いを挑んで来ることが予想され、気を引き締めたい。