福餅まきに歓声を上げる子どもたち

 【壬生】恒例の「しののめ花まつり」が30日、黒川沿いにある東雲(しののめ)公園で開幕した。4月7日まで。

 開会式には多くの町民らが集まり、平成最後の福餅まきなどでスタートを祝った。会長の小菅一弥(こすげかずや)町長は「毎日足を運んでもらい、つぼみが開いて満開になるまでの期間中、さまざまな桜を楽しんでもらいたい」と来場を呼び掛けた。