益子陶器市のキャッシュレス化に協力するスクエアのブース=29日午後、経済産業省

イベントに参加した小売りや決済事業者の代表者ら=29日午前、経済産業省

益子陶器市のキャッシュレス化に協力するスクエアのブース=29日午後、経済産業省 イベントに参加した小売りや決済事業者の代表者ら=29日午前、経済産業省

 経済産業省などは29日、現金が要らないキャッシュレス決済のサービスや技術を紹介するイベントを同省で開いた。小売りや決済事業者など約30社が集結。この日は月末の金曜日「プレミアムフライデー(プレ金)」のため、なかなか浸透しないプレ金とキャッシュレスをセットでPRした。

 主催した、産官学でつくる「キャッシュレス推進協議会」の鵜浦博夫(うのうらひろお)会長は「日本中でキャッシュレス化を進める必要がある。生産性向上とデジタル社会の構築にも不可欠」などとあいさつ。4月26日~5月6日を「キャッシュレス・ウィーク」として利用者への還元策を強め、業界一丸で普及を図る考えを示した。