高野商運が開設する企業主導型保育所=さくら市

女性運転手が活躍するロジサポートの軽ワゴン=さくら市

高野商運が開設する企業主導型保育所=さくら市 女性運転手が活躍するロジサポートの軽ワゴン=さくら市

 トラック運送・倉庫保管業の高野商運(さくら市馬場、高野和久(たかのかずひさ)社長)は4月1日、本社敷地内に企業主導型保育所「そらまめ保育園」を開設する。県内の運送事業者で保育園を開設するのは珍しい。

 保育園はグループ5社の従業員の子どもを対象にするが、空きがあれば、地域の待機児童も受け入れる。2016年度に内閣府が開始した企業向けの助成制度を活用する。定員20人。保育士2人を社員として採用し、病児保育も手掛ける。