アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは29日、日本代表FW寺尾勇利(てらおゆうり)(23)=日光市出身=が契約満了に伴い退団すると発表した。今後の去就は未定だが、本人は海外でのプレーを希望しているという。

 寺尾勇は日光東中、駒大苫小牧高(北海道)を経て2014-15年シーズンにバックスに入団。15-16年シーズンは米ジュニアリーグ・USHLのウォータールー・ブラックホークスでプレーした。バックス復帰後は17-18年シーズンに得点とアシストの通算ポイントランキングで日本人トップの成績を残し、昨季はリーグ通算100ポイントを達成するなど、チームの攻撃の要として活躍した。

 寺尾勇はチームを通じて「さらなる成長を求めて退団を決断しました。アジアで一番熱いファンの皆さまには、どんな場面でも声援をいただき感謝しています」などとコメントした。