東京電力福島第1原発事故の影響による本県産牛肉の出荷制限について、国の原子力災害対策本部は28日、本県で飼養した牛の出荷などに関する制限を解除した。これで本県産牛肉の出荷制限が解除され、原発事故前の状態に一歩近づいた。

 本県産牛肉は2011年8月2日に出荷制限が指示され、適切な飼養管理の徹底と牛肉の全頭検査体制を条件に同29日から出荷が再開された。