雲巌寺を描いた特製パッケージを手にする大窪さん

 【大田原】須賀川地区産の紅茶「北限の紅茶 那須 雲巌の静謐(せいひつ)」に、地元の名刹(めいさつ)、雲巌寺を描いた特製パッケージが登場した。住民有志団体が大型連休に合わせて販売しようと準備を進めている。同地区出身のデザイナー大窪真梨子(おおくぼまりこ)さんが地元への思いを込めてデザインし、4月から始まる栃木アフターデスティネーションキャンペーン(DC)を盛り上げる。

 「雲巌の静謐」は住民有志の「やみぞあづまっぺ協議会」が開発し、2015年春に販売を始めた。農家の高齢化などで荒廃した茶畑を耕し、茶葉を栽培している。通常は赤やクリーム色のシンプルなパッケージだが、JR東日本大宮支社がアフターDCをPRするための配布品として採用し、特製パッケージが作られた。旅の思い出にしてもらおうと、協議会が一般向けにも販売することを決めた。

 雲巌寺前広場で販売。1個(ティーバッグ3個入り)300円。