新規格の生地を使ったスカーフを手にする高橋社長

 【足利】山川町の繊維製品製造販売「ガチャマンラボ」(高橋仁里(たかはしきみさと)社長)が、足利銘仙製造の機械化に取り組んでいる。職人の技が高齢化により途絶えることを防ぎ、製造コストを抑制することが狙い。着物以外のさまざまな製品に応用できるよう、幅を従来の約3倍に拡大した新規格の生地も開発した。今後は実用化に向けて研究を進め、海外での販売促進を目指す。

 足利銘仙は絹を素材とした平織り物で、あらかじめ染色した糸を組み合わせて「かすり」と呼ばれる独特の柄を作り出す。斬新なデザインにより、大正から昭和にかけて全国的に流行した。