25日午前11時45分ごろ、高知市の路面電車「とさでん交通」伊野線の単線区間で、上下の電車が約37メートルまで接近した。いずれも1両編成で、けが人はなかった。運輸安全委員会は正面衝突などの事故につながりかねない重大インシデントに当たるとして、26日に鉄道事故調査官2人を現地に派遣する。

 国土交通省によると、同社では2016年11月にも単線区間で、電車同士が約60メートルまで接近する同様の重大インシデントがあった。