完成した絵と記念撮影する参加者たち

巨大なキャンバスに絵を描く参加者ら

完成した絵と記念撮影する参加者たち 巨大なキャンバスに絵を描く参加者ら

 【日光】平和への祈りを込め、大勢の子どもたちが同じキャンバスに絵を描くイベント「日光キッズゲルニカ」が23、24の両日、今市の道の駅「日光街道ニコニコ本陣」で開かれた。

 今年で4回目。ピカソの「ゲルニカ」と同じサイズのキャンバス(縦3・5メートル、横7・8メートル)に、参加者がテーマを踏まえ絵を描く。今回のテーマは「ピカイチな未来」で、中心市街地の活性化を目指す地元の有志団体「歩きたくなるまちづくり委員会」(堀井克俊(ほりいかつとし)会長)が考えた。