店主オススメの自家製ローストチキン(手前)と生ハム盛り合わせ

 オリオン通りにあるまちなか支局のご近所に今月11日、オープンしたばかり。通りからは2階の店舗へと続く階段が見え、なんだか隠れ家のよう。早速のぞいて見た。

Web写真館に別カットの写真

 お酒は日本酒、自然派ワイン、プレミアムテキーラがメイン。約50種あるワインはオーガニックのみをそろえるこだわりぶりだ。

 看板メニューの1品目は「自家製ローストチキン」(ハーフサイズ税別1580円)。ニンニクやハーブのソミュールに一晩漬け込んだ国産丸鶏をオーブンでじっくり焼き、自家製の粒マスタードソースを添えた。肉汁からハーブが香る優しい味わいで、ハーフサイズでも友人とシェアして満足のいくボリュームだ。

 2品目は生ハムの3種盛り合わせ(ハーフサイズ同1000円)。注文が入ってからスライサーで極薄に削った生ハムは、初めはふわふわで口に入れるとしっとりととろける。繊細な生ハムは、ワインだけでなく日本酒にも合わせてみたくなった。

 店名の「エルダボ」は、祭りが好きな店主荒井大介(あらいだいすけ)さん(32)の造語で、スペイン語の「EL(エル)」と祭り衣装の「ダボシャツ」を掛け合わせている。「地元の人の心のよりどころになる店にしたい」と荒井さん。1人でほっこりしたいときにも訪れたい。

 ◆メモ 宇都宮市江野町2の10フタバヤビル2階▽営業時間 正午~午前0時(フードラストオーダー午後10時)▽定休日 不定休▽(問)028・612・7058