斜面を薄紫色に染めるカタクリ=23日午前10時50分、佐野市町谷町

 佐野市町谷町の「万葉自然公園かたくりの里」で、カタクリが見頃を迎え、多くの人でにぎわっている。

Web写真館に別カットの写真

 同管理センターによると約1・5ヘクタールの斜面に約150万株のカタクリが群生している。ことしの開花は前年並みで、ここ数日のぽかぽか陽気で一気に満開となった。今月末まで楽しめるという。

 曇りで、時折小雨となった23日は、薄紫色のかれんな花を写真に収めようと家族連れや写真愛好家らがしきりにシャッターを切っていた。川崎市宮前区、パート従業員石沢保子(いしざわやすこ)さん(75)は「まずまずの写真は撮れたが、天気が悪かったのが残念。晴れの日にもう一度来ます」と話していた。