完成した付け替え道路で行われた安全祈願式=22日午前、鹿沼市上南摩町

 国土交通省が進める鹿沼市の思川開発事業(南摩ダム)で22日、ダムに沈む予定の県道(上久我-栃木線)の代替となる付け替え道路の一部が開通した。この日、関係者約30人が出席し安全祈願式を行った。今回の開通で、ダム本体の準備工事が可能になったという。国交省などは予定通り2019年度から、同工事に着手する。