国内外15チームが火花を散らす「ツール・ド・とちぎ」=前回大会から

ツール・ド・とちぎ第3回大会コース

国内外15チームが火花を散らす「ツール・ド・とちぎ」=前回大会から ツール・ド・とちぎ第3回大会コース

 県内11市町を舞台とする国際自転車競技連合(UCI)公認のサイクルロードレース「第3回ツール・ド・とちぎ」が22~24日に開催される。今回は地元の宇都宮ブリッツェンや那須ブラーゼンなど、国内外15チームの90選手が春の栃木路に集結。3日間でタイムトライアル(TT)、周回レース、ラインレースと形態が違う三つのレースで熱戦を展開する。

 海外勢は初参戦のチーム・サプラ・サイクリング(マレーシア)など5チーム。迎え撃つ国内勢はブリッツェンとブラーゼンのほか、昨季UCIアジアツアー1位のキナンなど8チームと大学2チームが出場する。