5回目の出場となる「上三川少年少女合唱団」

初出場の「明児」のメンバー

5回目の出場となる「上三川少年少女合唱団」 初出場の「明児」のメンバー

 【上三川】上三川少年少女合唱団と明治地域ブラスバンド「明児(めいじ)」の2団体が今春、東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)で開催される「ドリーマーズ・オン・ステージ」に出演する。上三川少年少女合唱団は前身のミュージックフェスティバルプログラムを含めると5回目、明児は初めてとなる。晴れ舞台を前に両メンバーは最後の調整に余念がない。

 ステージはアマチュアグループのためのプログラム。ミュージックフェスティバルプログラム時代は審査があったが現在は抽選制。しかし1日1団体と狭き門だけに「申し込みが多いといわれる春休みに、小さな町で2団体が選ばれるとは」と明児の野口希(のぐちのぞみ)代表(46)は驚きを隠せない。

 上三川少年少女合唱団の誕生は1992年。現在は小学1年から高校2年までの50人が、週1回の練習に取り組んでいる。これまで国民文化祭の出演や世界的ジャズミュージシャン渡辺貞夫(わたなべさだお)さんとの共演をはじめ、町内外のイベントで歌声を披露してきた。